???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 鹿島/戻りコンの再利用技術開発/一般的なセメント・コンクリートより5~10%安く | はいよ Hi-Yo!

鹿島/戻りコンの再利用技術開発/一般的なセメント・コンクリートより5~10%安く

 鹿島は24日、三和石産(神奈川県藤沢市、中田泰司社長)、笠井哲郎東海大教授と共同で、戻りコンをセメントやコンクリートに再利用する技術を開発したと発表した。一般的なセメント・コンクリートより5~10%価格が安いのが特徴。通常再利用されない戻りコンを使用することで、資源の活用を図る。
 戻りコンは、契約があったにもかかわらず、注文した施工者側の都合で一部もしくは全量を荷降ろしせずに生コンメーカーが持ち帰ることになる生コンのこと。そのほとんどが再利用されることなく処分されているため、環境負荷低減の観点から、戻りコンの減量、再生が課題となっていた。
 3者が開発したのは、戻りコン由来のセメント「CemR3」と、これを使用して製造したコンクリート「エコクリートR3」。
 CemR3は、戻りコンのスラッジ(排水に含まれる固形分)を脱水処理した原料を、分級、乾燥、粉砕処理して作られる。CemR3を結合材として使用し、副産物混和剤を併用して製造したコンクリートがエコクリートR3となる。戻りコンは、鹿島の工事現場のほか、三和石産の取引企業などから集め、三和石産の藤沢工場など2拠点で処理、製造を行う。
 エコクリートR3には、CemR3を20~30%使用する低含有型と、90%以上使用する高含有型の2種類がある。低含有型は通常使用されるコンクリートと成分がほぼ同じで、用途も同じ。高含有型は、製造から打設までに時間的な制約があるため、生コンではなく、コンクリート二次製品などのプレキャスト(PCa)部材に使用できる。
 一度出荷した生コンは、その性質上4時間以内に工場に戻さなければならないため、地産地消の活用が主になる。既に神奈川県の生産施設の工事で仮設コンクリートとして使用されている。今後、生コン協組や生コン工場に技術を提供し、適用範囲を広げていく考えだ。
 鹿島は、担当する工事現場で使用するのに加え、比較的扱いやすいエコクリートR3の外販も検討する。

(日刊建設工業新聞様より引用)