17年春の叙勲/旭日大綬章に平島治氏と岩沙弘道氏/5月9日に親授式

 政府は2017年春の叙勲受章者(4月29日付発令)を発表した。大綬章と重光章の受章者には9日に皇居で親授式と伝達式があり、中綬章以下の受章者には各省が伝達式を行う。国土交通省の伝達式は10日午前11時から東京・芝公園の東京プリンスホテルで行われる。=2面に建設・不動産関係の受章者一覧、日本建設業連合会と全国建設業協会の会長談話
 建設・不動産関係では、元日本建設業団体連合会会長の平島治氏(元大成建設社長・会長、85)、不動産協会会長の岩沙弘道氏(三井不動産会長、74)に旭日大綬章、元全国建設業協会会長の錢高一善氏(錢高組会長、73)に旭日重光章が贈られる。
 元日本工営社長の廣瀬典昭氏(71)が旭日中綬章、元国土交通省官房技術総括審議官の金澤寛氏(70)、元水産庁漁港漁場整備部長の長野章氏(70)らが瑞宝中綬章を受章。京都府建設業協会会長の岡野益巳氏(岡野組代表取締役、71)、元全国クレーン建設業協会会長の鶴岡武氏(東京重機代表取締役、77)、日本機械土工協会会長の向井敏雄氏(元向井建設社長、72)らが旭日小綬章を受章する。
 このほか、元神奈川県建設業協会副会長の小島正伸氏(小島組会長、72)、元日本冷凍空調設備工業連合会会長の中西登喜男氏(85)、栃木県建設業協会副会長の吉新旦夫(吉新組代表取締役、70)らが旭日双光章に選ばれた。
 建設業関係11団体が主催する叙勲祝賀会は10日午後5時30分から東京・芝公園のザ・プリンス・パークタワー東京で開かれる。

(日刊建設工業新聞様より引用)