???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? 4~6月の建設業景況、マイナス6・5/11四半期連続で「悪い」傾向/3保証 | はいよ Hi-Yo!

4~6月の建設業景況、マイナス6・5/11四半期連続で「悪い」傾向/3保証

 地域建設業界の景気のマイナス傾向が続いている。東日本建設業保証、西日本建設業保証、北海道建設業信用保証の3社が19日に発表した建設業景況調査(17年度第1回)で、4~6月のBSI値(景況判断指数=「良い」と「悪い」の回答差)はマイナス6・5。14年7~9月の0・0を境にした悪い傾向は11四半期連続。先行きを示す7~9月はマイナス12・0と厳しさがさらに増す見通しだ。
 調査は6月に3社と取引がある建設企業2651社に実施。有効回答率は89・2%だった。
 地元建設業界の景気に関するBSI値は、安倍晋三首相が政権復帰後に打ち出した経済政策「アベノミクス」の第1弾として公共事業関係費を2・4兆円積み増した12年度補正予算の効果により、13年7~9月から4四半期連続でプラス傾向を示した。
 しかし、その後の14、15年度は追加補正額が数千億円程度にとどまったこともあり、BSI値が再びマイナス傾向に転落。数値は16年1~3月のマイナス15・5を底に改善傾向にあるものの、16年度は災害復旧を含む3次にわたる補正で1・6兆円を追加しても低迷が続く。「残念ながら景況感がプラスになっていない」(足立敏之自民党参院議員)と問題視する意見もある。
 4~6月の景気動向を地区別にみると、昨年の台風被害の復旧工事が本格化している北海道を除くすべての地区で「悪い」傾向。中でも近畿がマイナス14・0と最もマイナス幅が大きい。一方、九州はマイナス2・5などと地区によるばらつきが目立つ結果にもなった。受注動向に関するBSI値も景気動向と同様に減少傾向を示している。
 先行きを示す7~9月は、地区別で北海道、資本金別で個人を除くすべての区分で悪い傾向の見通し。地方建設業界の幹部は、「今の政治状況から経済の先行きに不安感が増し、民間工事を含めた投資が鈍っていく可能性がある」と指摘。公共投資が年度後半に向けて息切れしていくことも見越し、「補正予算が編成されなければ、さらに厳しさは増すだろう」との声も上がり始めている。
 地方建設業界のこうした声を代弁する形で足立参院議員は「16年度と同等かそれ以上の補正予算を早期に編成する必要がある。発注者も設計ストックを確保し、早期発注に備えられるようにしてほしい」と話している。

(日刊建設工業新聞様より引用)