???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? JR3社/新幹線の脱線・逸脱防止対策強化/計画路線拡充、優先区間で整備前倒し | はいよ Hi-Yo!

JR3社/新幹線の脱線・逸脱防止対策強化/計画路線拡充、優先区間で整備前倒し

 JR東日本、東海、西日本の3社は新幹線の脱線・逸脱防止対策を強化する。従来進めてきた対策の対象区間を広げるとともに、大規模地震による被害拡大が懸念される緊急性の高い区間については前倒しで整備を完了させる。東海道新幹線の同対策に総額約2100億円を投じるJR東海の柘植康英社長は「震度6弱以上の地震が全線のどこでも発生する可能性があり、対策を一段と強化して新幹線の地震への強度と安全性を早期に高めていく」としている。
 JR3社は新幹線の地震対策として、地震発生時に早期に列車を止める早期地震検知警報システムの導入、構造物の耐震補強対策、列車の線路からの逸脱防止対策などを中心に展開している。
 東北、上越、北陸の3新幹線(軌道総延長2243キロ)を管理・運行するJR東日本では逸脱防止対策の一環で、全車両にL型車両ガイドの設置を完了済み。現在はスラブ軌道区間(3新幹線の計画延長1554キロ)でレール転倒防止装置の整備を進めており、15年度末時点の整備済み延長は679キロとなる。
 このほどバラスト軌道用のレール転倒防止装置を開発したことを受け、17年度からバラスト軌道区間103キロ(東北新幹線80キロ、上越新幹線23キロ)でも対策工事を開始する。
 全計画については29年度までに完了させる。今回の整備計画の見直しでは、最新の活断層の知見に基づき、優先施工区間200キロ(東北新幹線約50キロ、上越新幹線約150キロ)を設定し、20年度までの整備完了を目指す。
 11年10月から山陽新幹線で逸脱防止対策を進めてきたJR西日本。線路内側に逸脱防止ガードを整備し、線路から車両が大きく逸脱することを防止する。先行整備してきた新大阪~姫路駅間(約110キロ)の整備が完了済み。16年度からは姫路~博多駅間の優先順位の高い一部区間(110キロ)で対策を進めてきた。安全対策を一段と強化するため、姫路駅以西の整備計画区間を約175キロ拡大し、現在工事中の約110キロの区間と合わせて29年度までに整備する。
 09年10月から東海道新幹線の脱線・逸脱防止対策工事を進めているJR東海は、従来の計画区間(軌道延長596キロ)以外の残る区間(同476キロ)でも対策工事の実施を決めた。これにより東海道新幹線全線で対策を進め、28年度をめどに工事を完了させる。計画見直しに合わせて、19年度末までに完工させる優先施工区間596キロに、新たに50キロの区間を追加した。
 これまでに同社は東海地震発生の際に強く長い地震動が想定される地区の全区間、その他地区で高速通過する分機器・トンネル・三主桁の手前区間を優先的に対策を進める区間に位置付け、16年度末で約432キロの対策が完了する見通しだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)