装飾古墳16基被害 熊本地震で文化庁検討会 – 産経ニュース


装飾古墳16基被害 熊本地震で文化庁検討会
産経ニュース
古墳壁画の保存と活用を考える文化庁の検討会(座長、和田晴吾兵庫県立考古博物館長)が19日、東京都内で開かれた。熊本県が熊本地震で被災した装飾古墳16基で被害を確認したと報告し、今後の復旧計画に協力することで合意した。 国指定史跡の釜尾古墳(熊本市)や ...

(Google Inc.様より引用)