熊本地震避難者、家賃払うか退去か? 県内の公営住宅、無償提供期限迫る 県は対応検討中 [佐賀県] – 西日本新聞


熊本地震避難者、家賃払うか退去か? 県内の公営住宅、無償提供期限迫る 県は対応検討中 [佐賀県]
西日本新聞
最大震度7を2度観測した熊本地震の本震発生から16日で丸2年。県内には今も熊本県から避難した17世帯37人が暮らす。このうち公営住宅に住む被災者の多くは「2年」という無償の適用期間が今月下旬から順次終わり、このまま公営住宅にとどまって家賃を支払うか、退去して移転するかの選択を迫られることになりそ ...

and more »
(Google Inc.様より引用)