正しい理解を 熊本大院生ら、元患者の手像作り 「柔らかい」握り心通わせ – 毎日新聞


正しい理解を 熊本大院生ら、元患者の手像作り 「柔らかい」握り心通わせ
毎日新聞
熊本大で彫刻を学ぶ大学院生らが、国立ハンセン病療養所「菊池恵楓(けいふう)園」(熊本県合志(こうし)市)入所者の手のブロンズ像作りを進めている。元患者は治癒しているにもかかわらず、手や顔の変形が残り偏見を受けてきた。像によって差別の歴史を知ってもらい「 ...

(Google Inc.様より引用)