「分かって」 胎児性患者が講演で訴え 「病気うつる」と差別受け、痛みの変化と格闘の日々 /熊本 – 毎日新聞


「分かって」 胎児性患者が講演で訴え 「病気うつる」と差別受け、痛みの変化と格闘の日々 /熊本
毎日新聞
加賀田さんは30歳を過ぎて、歩くのが難しくなり、車いす生活を余儀なくされた。壇上のスクリーンには、幼い頃、カメラに向かってポーズを取る姿や、成人を迎えたときの着物姿の写真が映され、「この頃は歩けていました」と語った。今は日々、体の痛みの変化と闘っていることを伝えると、会場の参加者はうなずきながら耳を傾け ...

(Google Inc.様より引用)