熊本地震の被災陶器、輪島塗職人の技術で再生 – 産経ニュース


熊本地震の被災陶器、輪島塗職人の技術で再生
産経ニュース
輪島塗で知られる石川県輪島市が、漆と金粉を使った「金継(きんつ)ぎ」と呼ばれる伝統技法で、熊本地震で割れた陶器をつなぎ合わせ、新しい陶器に再生させる事業を始めた。1千万円を見込む事業費は、ふるさと納税で全国から募る。 金継ぎは、破損した陶器の破片を漆で接着し、接ぎ目を金粉や銀粉で装飾する ...

(Google Inc.様より引用)