電話リレーサービス 聴覚障害者に代わってオペレーターが電話 「インフラ整備 進めて」 – 西日本新聞


電話リレーサービス 聴覚障害者に代わってオペレーターが電話 「インフラ整備 進めて」
西日本新聞
財団から委託され通訳を行っている熊本県聴覚障害者情報提供センター(熊本市)によると、震災後は安否確認や相談などで利用が増えた。サービスは離れた場所にいる相手に取り次ぐのが原則だが、被災した聴覚障害者が修理業者と現場でやりとりするような場面で、 ...

(Google Inc.様より引用)