熊本県産木材の活用進む=被災庁舎や住宅再建-復興需要をチャンスに・地震1年 – 時事通信


熊本県産木材の活用進む=被災庁舎や住宅再建-復興需要をチャンスに・地震1年
時事通信
500戸以上が立ち並ぶ県内最大の「テクノ仮設団地」(益城町)では、モデル住宅3棟が完成。うち1棟を建設した熊本工務店ネットワーク(KKN)の久原英司会長は「熊本産の木を熊本の企業が加工し家を建てるからこそ、県内の雇用や消費の拡大が望める。全国から木材を購入 ...

and more »
(Google Inc.様より引用)