ハンセン病の手、彫刻に 苦難伝える熊本・菊池恵楓園 – 上毛新聞ニュース


ハンセン病の手、彫刻に 苦難伝える熊本・菊池恵楓園
上毛新聞ニュース
国立療養所菊池恵楓園(熊本県合志市)は1日、ハンセン病元患者の変形した手をかたどったブロンズ彫刻を披露した。患者が直面した差別や苦難を後世に伝え残す取り組み。同園で3日まで一般公開する。 モデルとなったのは、入所者の杉野芳武さん(86)と妻桂子さん(76)。

and more »
(Google Inc.様より引用)