青春の痕跡求め歩いた亡父 熊本の被爆者 – 毎日新聞


毎日新聞

青春の痕跡求め歩いた亡父 熊本の被爆者
毎日新聞
熊本県合志(こうし)市の会社員、西野真二さん(61)は昨年8月末に87歳で亡くなった被爆者の父富夫さんの慰霊のため、長崎市松山町の平和公園であった平和祈念式典に出席した。「戦争はいかん。平和が一番だ」。そう繰り返した富夫さんは晩年、何度も熊本から長崎を ...

and more »
(Google Inc.様より引用)