合併特例8市で3万人割れ 九州18市調査 若年層の流出痛手に – 西日本新聞


西日本新聞

合併特例8市で3万人割れ 九州18市調査 若年層の流出痛手に
西日本新聞
宮若市を含め特例で市になったのは九州に18市ある。それぞれ人口減少対策に取り組むが、死亡数が出生数を上回る自然減だけでなく、進学や就職に伴う転出が転入を上回る社会減に悩む市が多く、佐賀県嬉野市、長崎県壱岐市、熊本県上天草市、同県阿蘇市の4市は10年 ...

(Google Inc.様より引用)