‘15年末ワイド 記憶に残したい毛錢 /熊本 – 毎日新聞


'15年末ワイド 記憶に残したい毛錢 /熊本
毎日新聞
正直に言って、元文学青年の私にとってとても不思議なのは、水俣市にかつて淵上毛錢(ふちがみもうせん)という詩人がいたことが、多くの市民の記憶にほとんど残っていないことだ。 学生時代、当時傾倒していた詩人の寺山修司が編集した「男の詩集」というアンソロジーを、 ...

(熊本 - Google News様より引用)