日本ハムが資本参加 宇城の熊本中央食肉センター 処理数増やし経営再建 [熊本県] – 西日本新聞


日本ハムが資本参加 宇城の熊本中央食肉センター 処理数増やし経営再建 [熊本県]
西日本新聞
経営難が続いている牛・馬肉処理会社「熊本中央食肉センター」(宇城市豊野町、矢野悦生社長)が、食肉加工最大手の日本ハムから資本参加を受け、経営再建に乗り出した。処理頭数不足が最大の課題だったが、日本ハム参画による処理肉の販売先の安定化を生かし、処理頭数拡大を目指している。 熊本中央 ...

(Google Inc.様より引用)