週36時間就労の留学生特区提案 九州7県と熊本市 – 西日本新聞


週36時間就労の留学生特区提案 九州7県と熊本市
西日本新聞
九州7県と熊本市は、入管難民法で定められた留学生の就労制限について、現行の「週28時間」から「週36時間」への緩和を柱とした「外国人材の活用促進」国家戦略特区を内閣府に共同提案した。途上国からの私費留学生が学費や生活費を稼ぎながら学びやすくする一方、 ...

(Google Inc.様より引用)