誉のくまもと展(熊本市現代美術館) 花に託す熊本の未来 忘れられた生人形再び – 毎日新聞


誉のくまもと展(熊本市現代美術館) 花に託す熊本の未来 忘れられた生人形再び
毎日新聞
会場を一巡し、個人的に本展を最も象徴していると感じたのが、熊本県出身・在住の現代美術家、今田淳子(1971年~)の立体や平面を集めたコーナー。最終章「記憶と未来」の最後を飾る。 立体6点(うち2点は組み作品)で構成する「震撼(しんかん)の花たち」は江戸時代から ...

(Google Inc.様より引用)