若年性認知症カフェ 集い語る場開設、熊本の大型店に 看護師ら常駐支援広げる – 西日本新聞


若年性認知症カフェ 集い語る場開設、熊本の大型店に 看護師ら常駐支援広げる
西日本新聞
熊本県によると、若年性認知症患者は県内に少なくとも約千人。同世代がいない高齢者向け通所施設になじめず居場所がないなど、若年性の患者には特有の悩みと課題がある。太田さんは2014年5月、県と熊本市が九州で先駆けて配置した専門支援コーディネーターとなり、 ...

and more »
(Google Inc.様より引用)