熊本で震災ADR申し立て増加 – 株式会社全国賃貸住宅新聞社


熊本で震災ADR申し立て増加
株式会社全国賃貸住宅新聞社
余震が続き、16万軒という広大な住宅被害の影響で、熊本では相談数が増えていると考えられる」(熊本県弁護士会)という。 熊本県を中心に約2万戸を管理する明和不動産(熊本市)でもオーナーや入居者からの相談がいまだに相次いでいる。 震災直後は、家賃の支払や解約 ...

(Google Inc.様より引用)