ニュース

山崎製パン、コラボ商品に挑戦 「ノアール」で相乗効果

 山崎製パンは、ヤマザキビスケットの新ブランド「ノアール」のおいしさと同社の菓子パンやチルドスイーツのおいしさの相乗効果をテーマに商品開発に挑戦した。 菓子パンの「ランチパック(クッキー&クリーム)」およびチルドスイーツの「クッキー&クリー……

Read More
日本食糧新聞様より引用




グレープストーン、「東京ばな奈アイス」を提案

 グレープストーンは、東京みやげブランド「東京ばな奈ワールド」の夏の楽しみを提案する。冷凍庫に入れるだけで、買ったり、もらったりした「東京なば奈」が夏に最適な「東京ばな奈アイス」(写真)に変化する。 作り方は、「東京ばな奈」を袋のまま冷凍庫……

日本食糧新聞様より引用


FABEX2018:主催者特別セミナー=農研機構 多様な品種を紹介

 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、FABEX2018の主催者特別セミナーとして、「こんなにある!外食・中食用の新しいお米~寿司用からチャーハン用まで~」をテーマに開催した。 講演では、重宗明子主任研究員(西日本……

日本食糧新聞様より引用


片山食品、注力2品で増量セール 販売強化し育成図る

 片山食品は5月7日から6月30日出荷分までの期間限定で、好評の角カップ製品「割干ハリハリ」と「梅ひじき」の2品を15g増量する。注力商品2品のさらなる育成を図り、販売を強化する。 「割干ハリハリ」(105g)は同社人気のアイテム。国内産原……

日本食糧新聞様より引用


伊藤ハム、ラオスで教育支援 「子ども未来プロジェクト」寄付金贈呈

 伊藤ハムは19日、東京・高輪のユニセフハウスで「子ども未来プロジェクト」寄付金贈呈式を行った。同プロジェクトは、アジアの子どもたちに教育の機会を提供するユニセフの活動を支援するもので、16年にスタート。アジアの中でも教育水準の低い国の一つ……

日本食糧新聞様より引用


メープルシロップのポリフェノール抽出物、2型糖尿病など合併症発症抑制に寄与する可能性

 ケベック・メープル製品生産者協会(カナダ・ケベック州)は23日、メープルシロップのポリフェノール抽出物が、2型糖尿病の発症原因となるさまざまな臓器の炎症を抑制する可能性があることが明らかになった、と発表した。 同協会では、メープルシロップ……

日本食糧新聞様より引用


アルカン、北海道の食肉料理集団「ELEZO」と業務提携

 アルカンは、北海道帯広の食肉料理集団「ELEZO(エレゾ)」とこのほど、業務提携を行った。 エレゾは2005年創業。十勝の豊頃町大津に拠点となる食肉総合ラボラトリーを建設し、生産狩猟、枝肉熟成流通、シャルキュトリ製造、レストランの四つのブ……

日本食糧新聞様より引用



サントリー食品インターナショナル、爽快な強炭酸水を投入 スノーピークと連携し人間性の回復訴求

 「山のむこう」には何があるのか–サントリー食品インターナショナルは、アウトドアメーカーのスノーピークと「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマにさまざまな取組みを行う「山のむこう」プロジェクトに取り組む。 同プロジェクトの第1弾と……

日本食糧新聞様より引用


日清製粉プレミックス、業務用ミックス値上げ

 日清製粉グループの日清製粉プレミックスは24日、業務用ミックスの製品価格を、7月2日出荷分から改定すると発表した。改定内容は、約1~3%値上げ。 (八木沢康之)

日本食糧新聞様より引用



アサヒビール、高アルコールビール「グランマイルド」が好発進

 アサヒビールの高アルコールビール「グランマイルド」が発売から1週間で1100万本を販売し、年間計画の2割を達成した。「時間がたってもやわらかなコクが続き、ゆっくり楽しめるという商品特徴が好評を得ている」(同社) 加えて、カルビーの「ポテト……

日本食糧新聞様より引用


日清フーズ、家庭用小麦粉・業務用ミックス値上げ

 日清製粉グループの日清フーズは24日、家庭用小麦粉および業務用ミックスの製品価格を、7月2日出荷分から改定すると発表した。主原料の輸入小麦の政府売渡価格が4月1日から改定され、さらに物流費、包材費、副原料なども上昇していることに伴い実施す……

日本食糧新聞様より引用


日本水産と日本電気、養殖魚の体長測定を自動化

 日本水産(ニッスイ)と日本電気(NEC)は、いけす内の養殖魚の体長測定などを自動化するソリューションを共同開発した、と24日発表した。NECの持つ先進のAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)技術を活用。いけすで育成中の養殖魚を水……

日本食糧新聞様より引用


全国かまぼこ連合会、コスト増で窮状訴え

 全国かまぼこ連合会(鈴木博晶会長)は24日、「水産練り製品メーカーが直面する生産コストの高騰について」と題した声明文を報道関係者向けに発表した。主原料のすり身価格をはじめ、広範囲で構造的なコスト上昇に直面している各メーカーの窮状について、……

日本食糧新聞様より引用


国税庁、「灘五郷」と「北海道」GI指定へ

 国税庁は23日、特定地域で造られる酒類に、新たに地理的表示(GI)の指定を検討していると発表した。今回指定されるのは「灘五郷」と「北海道」の二つ。それぞれ清酒とワインが対象で、現地で造られた商品だけが同産地名を名乗れるようになる。名称は、……

日本食糧新聞様より引用


ユニー、“攻め”の来期へ準備 佐古社長が方向性示す

 【中部】ユニーは23日、在名古屋の新聞社・TV局などを対象に合同記者会見を行い、佐古則男社長が今後の方向性などについて語った。業態転換した「MEGAドン・キホーテUNY」の6店舗が好調で、ユニーの既存店売上高も昨年11月から5ヵ月連続で1……

日本食糧新聞様より引用


アサヒビール、主力の国産ウイスキー「ブラックニッカ」好調

 アサヒビールの主力国産ウイスキー「ブラックニッカ」が好調だ。17年の売上げは5年連続で過去最高を更新。数量限定品を相次ぎ投入し、「若年層を開拓できた」(奥田大作マーケティング第三部長)。18年も二つの限定品を発売する計画で、6年連続の売上……

日本食糧新聞様より引用