ふくしま医療機器開発支援センター開所式

 福島県が整備する「ふくしま医療機器開発支援センター」が完成した。医療機器の開発から事業化までを一体的に支援する未来戦略は国内初の試みだ。設計を久米設計、監理を白井設計が担当。建築工事を安藤ハザマ・白鳳社JV、電気設備工事を中野電工、空気調和設備工事をセコムエンジ・内藤・エヌエスJV、第1期造成・第2期造成・外構・下水道接続工事を昭和建設工業が施工した。

【工事概要】
▽施設名称:ふくしま医療機器開発支援センター
▽所在地:郡山市富田町字満水田、同字若宮前地内
▽敷地面積:約52,740m2
▽発注者:福島県
▽設計:株式会社久米設計
▽監理:株式会社白井設計
▽建築工事:安藤ハザマ・白鳳社特定JV
▽電気設備工事:中野電工株式会社
▽空気調和設備工事:セコムエンジ・内藤・エヌエス特定JV
▽1期造成、2期造成・外構・下水道接続工事:昭和建設工業株式会社
▽規模:建築面積:約6,077m2、延べ面積:約11,529m2
▽各棟の構造・規模:W-1棟(電気的・化学的試験室等)=S造2階建て延べ床面積約2183m2、W-2棟(環境・物性試験室等)=RC造2階建て延べ床面積約570m2、E棟(動物飼育室・手術室等)=S造一部SRC造(基礎免震構造)3階建て延べ床面積約4,009m2、S棟(模擬手術室・研修室・技術開発室・管理室等)=S造2階建て延べ床面積約4,691m2、F棟(ポンプ室等)=RC造平屋建て延べ床面積約78m2
▽造成を除く施設建築工期:2015年3月24日~2016年9月30日

(様より引用)