アクティオら/VR活用の安全教育・訓練システム開発/5K映像は業界初、広い視野角

 アクティオはVR(仮想現実)を活用し、安全教育・訓練を行う新システムを開発した。高精細で広い視野角に対応したVRゴーグルを装着することで、高い没入感で事故を疑似体験できる。ゼネコンなどでの新入社員研修をはじめ、安全大会などでの活用を見込んでいる。7月2日からレンタルを開始する。
 「セーフティトレーニングシステムVRオブアクティオ」は、4Kの約1・7倍という超高解像度の5K有機ELディスプレーを搭載。さらに210度の視野角を実現しヘッドホンも装着することで、まるで実際の現場にいるような高い没入感を実現した。これまでのVR専用ゴーグルは視野角が110度程度しかなく没入感が薄かった。
 疑似体験できるのは、建設業の労働災害で最も多い高所作業からの墜落事故。疑似的に事故を経験することで、実際の現場で不安全行動をとらないよう安全意識を身に付けさせる狙いがある。シナリオ数は現時点で少ないものの、順次開発する予定だ。
 同システムの開発は企画提案、VRコンテンツ開発、レンタルをアクティオが担当。クラウド連携などのシステムインテグレーション全般をACCESS、高精細コンピューターグラフィックスのVRコンテンツ開発をビーライズ(広島市中区、波多間俊之社長)、VR機器の供給を台湾のスターVRコーポレーションが担当した。
 費用は3日間で30万円(税別)。7月2日のサービス開始から1年間で50社へのレンタルを目指す。

(日刊建設工業新聞様より引用)