アビー、アニサキス対策でCASに注目 “生魚離れ”抑止を

 魚の寄生虫「アニサキス」による食中毒被害を防ぐため、アビーの細胞組織を生かす技術「CAS(セル・アライブ・システム)」を用いて急速冷凍した魚介類への注目が高まっている。食材は冷凍時に細胞組織が破壊されないため解凍後の生食が可能。鮮魚と変わ...
(日本食糧新聞様より引用)