イオン、ウナギ調達に独自基準 23年までに100%トレース体制

 イオンは、持続可能な水産資源の調達に関する新たな取組みとして、2023年までに調達するウナギ全量のトレーサビリティー構築を目指す。すでにヨーロッパ種の取り扱いをやめ、トレースが困難なことからアメリカ種の販売も中止、今後はニホンウナギとイン...
(日本食糧新聞様より引用)