キックオフミーティングに約100名参加

新会員制度で『大家さんTV』配信


『不動産実務検定』の実施や研修講座などを運営する一般財団法人日本不動産コミュニティー(略称J-REC、事務局・東京都中央区)は、11日に同協会のアソシエイツと呼ばれる支部長や講座講師らを対象とした「2017年キックオフミーティング」を開催した。
当日は全国から約100名が参加した。

今回の目玉は、新会員制度の導入だ。
これまで同協会の会員は、不動産実務検定の有資格者のみが対象だったが、今回の新会員制度では、資格の有無は関係なく、年会費1万円(税別)もしくは分割で月額1000円(税別)の12カ月分で、入会可能とした。
会員向けサービスとして、同協会が1月20日よりスタートする会員制動画システム『大家さんTV』の視聴や、税理士や弁護士などの各種専門家への質問が無料、そのほか各種勉強会やセミナーが会員特別価格で参加できるなどの特典がある。

特に、『大家さんTV』は、同協会肝いりのサービスだ。アソシエイツが主催する家主向け勉強会の動画やその他不動産に関する実践知識・ノウハウの動画をアップしている。
会員は自由に視聴できるのだ。
「アソシエイツの皆さんが、自身で開催している大家塾の様子などをアップすると、毎月10本あれば、年間120本になります。それだけの動画を会員になれば視聴し放題というのは大きなメリットだと思います」と代表理事の浦田健氏は話す。

同協会では新会員制度によって、10年以内に1万人の会員獲得を目指す。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)