キッコーマン、発酵技術を活用 「ビジョン30」で事業創出

 キッコーマンは18年度から中期経営計画を始め、新たな柱の構築を重点課題に掲げた。20年度を最終年にして海外は新興市場を開拓する。国内は醤油、豆乳に次ぐ基幹商品を育てる。既存は高付加価値化、生産向上を継続・推進する。10年ごとに策定する経営...
(日本食糧新聞様より引用)