キユーピーと広島市、包括連携協定を締結 6大葉物野菜の地産地消など

 キユーピー(長南収社長)と広島市(松井一實市長)は、3月28日に包括連携協定を締結した。 地域の活性化と市民の生活の質の向上を目的とした地方創生の推進に関する協定。協定の期間は3月28日から1年間で、キユーピーと広島市の双方が持つ資源を有...
(日本食糧新聞様より引用)