サッポロホールディングス、国産レモン安定確保へ AIで試験栽培開始

 サッポロホールディングスは国産レモンの生産安定化に向け、情報通信技術(ICT)を活用した試験栽培を今春からスタートする。グループの基幹事業に位置付けるレモンの確保を安定させるとともに、国内栽培の面積と担い手を増やし、将来的なレモン生産の振...
(日本食糧新聞様より引用)