スターゼン、豚もも除骨ロボット国内2台目 人手不足改善に向け導入

 スターゼンは、人口減少や地方の過疎化による人手不足の対策として、昨年1月に国内初となる豚もも部位自動除骨ロボット「ハムダス」を子会社のスターゼンミートプロセッサー青森工場三沢ポークセンターに導入した。1年間の稼働を経て、除骨処理スピードの...
(日本食糧新聞様より引用)