セブンイレブン、新レイアウト18年度3000店展開 課題は個店格差

 セブン-イレブン・ジャパンは、冷蔵や冷凍ケースを増やし、イートインやカウンターを拡大した新レイアウト店を18年度に累計3000店で展開する。すでに17年度で新店と改装店を含めて1300店、18年度1700店で展開する計画だ。古屋一樹社長は...
(日本食糧新聞様より引用)