セブンイレブン、酒類関連購買に注力 夕夜間売上げ増狙う

 セブン-イレブン・ジャパンは18年度上期の商品戦略で酒類を強化し、フライヤー商品、惣菜やつまみなどとの関連購買を積極的に促す。酒類の購入客の買上点数と客単価は平均よりも高いため、夕夜間の売上げ増につなげる。石橋誠一郎取締役商品本部長は「酒...
(日本食糧新聞様より引用)