セブン&アイ、時差出勤を導入 働き方改革の一環

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、3月1日から本部勤務のフルタイム社員を対象に始業時刻を選択できる「スライドワーク(時差出勤)」を導入する。傘下のセブン-イレブン・ジャパンも4月以降に始める。共働き世帯の増加や核家族化など社会の変...
(日本食糧新聞様より引用)