ダム整備促進特集

 私たちの安全・安心な暮らしやわが国経済・社会の発展を支えてきたダムは、総合的な技術力を結集して建設されてきた。新規建設プロジェクトそのものが減少し保守・維持・更新にウエートが高まっている今日でも、能力増強や用途変更を目的にした再生・改造案件が続き、海外に目を転じれば、ダム建設を計画する国・地域は多い。ダム建設技術は国際貢献の面からも必要であり、国内外に関わらずプロジェクトを通じた技術継承の必要性はますます高まると思われる。本「ダム整備促進特集」ではダム建設技術の継承をテーマに、日本ダム協会の第36回ダム建設功績者表彰受賞者、ダム協各部会、各地で堤体建設の進むダムプロジェクトを紹介する。

(様より引用)