テンプスタッフ/建設業向け提案書作成サービス開始/デザイン力優れた人材派遣

 提案書の作成手伝います-。人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるテンプスタッフ(東京都渋谷区、和田孝雄社長)が、建設業向けの新サービスを今月開始した。レイアウトなどのデザイン力に優れた人材の派遣や作成業務の代行で、設計や施工の受注につながる魅力的な提案書作りを支援する。2020年東京五輪に向け建設市場が活発化する中、提案書に磨きを掛けるニーズも一段と高まるとみて、1年半後の18年3月期に3億円の売り上げを目指す。
 建設プロジェクトの計画や設計段階で、各業務の委託先を選定する際に、コンペやプロポーザルなど提案内容を重視した方式が採用されるケースが増えている。短期間に多くの提案書を審査することも少なくないため、ゼネコンや設計事務所、コンサルは、コンセプトや特徴が分かりやすく、一目で完成後がイメージできるよう、提案書の作成に知恵を絞っている。
 そうした業務をサポートするため、建設業界へ多数の人材を提供する同社のCADチームのノウハウとパンフレットやチラシ作成などの実績が豊富なデザインチームのデザイン力を生かした新サービス「プロポーザルクリエイト」を始めた。
 提案書のブラッシュアップに必要な人材派遣は、一人から複数人のチームなど、ニーズに合わせた対応が可能。アウトソーシングを希望する場合は、プランニングからコピー、デザイン、オペレーション、印刷までをワンストップで行う同社の受託デザインスタジオ(東京都港区)で必要な業務を代行する。
 提案書の作成業務を代行する企業はあるが、一緒に提案書を作り込める人材を派遣できるのが同社の強み。「読まれやすいレイアウトやタイトル付け、見やすいゾーニング、文字数・フォントの調整などを行い、契約につながる魅力的な提案書に仕上げることができる」(広報担当)という。
 建設業界では、設計担当者が設計業務の一連の作業の中で提案書を作成することが多く、コンペやプロポーザルを勝ち抜くためにも、デザイン知識とスキルを持つ専門の人材を求めるニーズが高い。建設市場の急速な拡大に伴う人手不足が課題となっており、そうした面でサービスを利用する企業も出てきそうだ。

(日刊建設工業新聞様より引用)