ニチレイフーズ・近畿大学、AIで選別技術開発 工場導入、外販も視野

 冷食大手のニチレイフーズと近畿大学工学部は、工場で使う原料を人工知能(AI)で選別する技術を共同開発したと21日発表した。ラボでの検証実験を終えており、今後、同社工場ラインに順次、導入する。従来の人手や目視による作業が自動化されることで、...
(日本食糧新聞様より引用)