パスコ/衛星モニタリングサービス開始/地下工事の変動を瞬時に把握

 パスコは、「地球観測衛星を活用した変動モニタリング(地下工事と埋め立て地の変動監視)サービス」の提供を開始した。天候に左右されない合成開口レーダー(SAR)衛星を利用し、現地測量を補う形で面的な沈下量をミリ単位(垂直精度5~10ミリ)で計測でき、日時を追った時系列の評価が可能。データはPDFとエクセルの形式で提供するため、特別なソフトウエアは不要という。利用者は必要な対策を迅速に講じることができる。
 シールドトンネル工事では、シールド機の掘進に合わせて直上の道路やその周辺地域の変位状況を監視。その変位を最小限に抑えて安全に掘り進める必要がある。地盤変位を把握するための計測は通常、光学測量器やGNSS(全球測位衛星システム)測量器を使って人の手で行われるが、都市部の地下工事では測量器の据え付けや人の立ち入りに制限を受ける場所も多い。埋め立て地での監視は、盛り土加重による沈下を沈下板や土圧計、GPSなどを使って計測するが、これらの装置を設置した位置しか把握できないという課題があった。
 パスコが提供する新たな変動モニタリングサービスでは、SAR衛星の撮影成果を使い、地面に変動が生じたエリアとその傾向を可視化して利用者にデータを提供する。サービス範囲は、地下工事が上下水道、地下鉄、トンネルなど、埋め立て地が空港、ガスなどの貯蔵施設、製鉄所、発電所など。私有地や人が立ち入れない危険な場所なども人工衛星から遠隔監視できるため、地上で行う人の手による観測点を広範囲に補う計測が可能となる。地表の変動を面的に効率よく可視化し、定期的な変位監視を行える。

(日刊建設工業新聞様より引用)