メルシャン、価値競争へ転換図る 低価格化から脱却急ぐ

 ワイン最大手のメルシャンは、価格から価値競争への転換を図る。日本ワインの旗艦ブランド「シャトー・メルシャン」の投資を加速させ、1000円台の輸入ワインの販売を強化する方針だ。代野照幸社長は9月29日の会見で、「低価格のチリワインに消費者が...
(日本食糧新聞様より引用)