メルシャン、片岡でブドウ栽培 原料不足解消へ

 ワイン最大手のメルシャンは長野県塩尻市の片岡地区で新たにブドウ栽培を開始した。国産ブドウだけで造る「日本ワイン」の原料確保に向けた取組みで、製品化は25年ごろを見込む。代野照幸社長は4月27日、新しいブドウ畑で植樹式を行い、「10年後を見...
(日本食糧新聞様より引用)