ヤッホーブルーイング、原料に鰹節 ビール定義変更を商機に

 クラフトビール国内最大手のヤッホーブルーイングは、鰹節を原材料に使ったビールを4月1日に国内で発売する。4月の酒税法改正でビールに使用できる副原料が新たに増えるためだ。従来は「発泡酒」扱いだったが「ビール」と表記できる。これにより「消費者...
(日本食糧新聞様より引用)