ライチョウ保護へ飼育方法の検証必要 熊本でシンポ – 日本経済新聞


ライチョウ保護へ飼育方法の検証必要 熊本でシンポ
日本経済新聞
日本動物園水族館協会(JAZA)は7日、希少動物の種の保存に関する会議とシンポジウムを熊本市で開いた。絶滅が危ぶまれるニホンライチョウの人工飼育と繁殖に向けた取り組みが、順調に進んでいない現状を担当者が報告し「飼育方法の検証が必要だ」と訴えた。 人工飼育 ...

(熊本 - Google News様より引用)