三井不レジら7社/幕張新都心若葉住宅地区開発第2弾/熊谷組で17年1月着工

 ◇総延べ10万平米のマンション群
 三井不動産レジデンシャルなどデベロッパー7社が千葉市の幕張新都心若葉住宅地区(美浜区若葉3ほか、敷地面積17・6ヘクタール)で進める開発計画の第2弾が始動する。17年1月にも総延べ床面積10万平方メートルの高層マンション群の建設に着手する見通し。設計・施工は熊谷組が担当。20年4月末の完成を目指す。
 開発を推進するのは、三井不動産レジデンシャルのほか、▽野村不動産▽三菱地所レジデンス▽伊藤忠都市開発▽東方地所▽富士見地所▽袖ケ浦興業-の6社。
 計画地は「新都心最後の大規模開発エリア」とされる若葉住宅地区のB-2街区(美浜区若葉3の1の1、敷地面積2万4726平方メートル)。建築面積は1万0562平方メートル。建物はRC・S造48階建て総延べ9万9504平方メートル(6棟)の規模となる。最高高さは172・4メートル。共同住宅(835戸)のほか、店舗と駐車場を入れる。
 7社は15年8月に千葉県から県有地だった若葉住宅地区を譲り受けた。
 7社が提案した同地区の開発計画によると、エリアを計8街区(A街区、B1~7街区)に分割し、A街区(敷地面積7115平方メートル)には低層の店舗、B1~7街区(同16万8694平方メートル)には合計4390戸の集合住宅をそれぞれ整備する。B1~7街区の京葉線の線路沿いの区画には46階建て(高さ150メートル)の高層マンション、その他の区画には最高18階建てのマンションなどを配置する。総事業費は1800億円。19~29年度の入居を予定している。街開きから15年間で居住人口1万人規模の街づくりを目指す。
 既に開発の初弾として、B-7街区で最高高さ133メートルの高層マンション群(S・RC造37階建て、総延べ6万8994平方メートル)を建設中。B-2街区同様に設計・施工を熊谷組が担当し、19年4月末の竣工を予定している。
 三井不レジデンシャルによると、他の街区の開発計画の詳細は未定で、決定し次第、順次公表するという。

(日刊建設工業新聞様より引用)