中部整備局/1号清水立体八坂高架橋工事・技術協力業務WTOプロポ公告

 ◇技術提案・交渉方式採用
 中部地方整備局は19日、「1号清水立体八坂高架橋工事」と「同工事にかかる技術協力業務」の事業者を選定する公募型プロポーザル(WTO対象)の手続きを開始する。同局初の技術提案・交渉方式(技術協力・施工タイプ)の対象で、段階的選抜方式を実施する。申請書と1次審査に関する資料は2月7日まで受け付ける。2次審査に関する資料(技術提案書)は紙による提出とする。提出期間は3月1日から4月5日まで。
 技術提案・交渉方式(技術協力・施工タイプ)では、優先交渉権者に選定した者と技術協力業務の契約を締結した後、基本協定に基づき工事価格などを交渉し、成立した場合に建設工事の契約を結ぶ。この工事の施工現場は交通量が多く、施工時の交通規制が一般交通に大きく影響する。このため、技術協力・施工タイプを採用することで、高架橋工事に関する高度な工法などの技術提案を求める。
 1号清水立体八坂高架橋工事にかかる技術協力業務の概要は、延長345メートル区間の橋梁設計に関する技術協力。工期は19年3月29日まで。業務規模は約1000万円(税込み)。1号清水立体八坂高架橋工事の概要は、工事延長183・5メートル。鋼製橋脚工3基、鋼橋上部工。工事規模は約15億円(税込み)。
 1次審査(最大30点)は、企業能力と配置予定技術者の能力、その他の項目を評価し上位10者を選抜する。2次審査は、▽主たる技術課題に関する提案=40点▽技術協力業務に関する提案=10点▽CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を活用した施工に関する提案=10点-で評価し、技術評価点が最も高い者を優先交渉権者に選定する。
 公告概要は次の通り。▽件名=公告日〈1〉締切日〈2〉開札日〈3〉参加資格〈4〉工事場所〈5〉工事内容〈6〉工期〈8〉他。
 ▽1号清水立体八坂高架橋工事・1号清水立体八坂高架橋工事にかかる技術協力業務=1月19日〈1〉2月7日〈3〉鋼橋上部工事、土木関係建設コンサルタント業務〈4〉静岡市清水区八坂東2~八坂西町〈5〉設計(技術協力業務)は橋梁技術協力、予定工期は19年3月29日。施工(建設工事)は鋼橋上部工、鋼製橋脚工〈6〉21年12月22日〈8〉技術提案・交渉方式(技術協力・施工タイプ)、段階的選抜方式。CIM活用工事(発注者指定型)、週休2日制の試行対象。技術協力業務の規模は1000万円程度(税込み)、建設工事の規模は15億円程度(税込み)。

(日刊建設工業新聞様より引用)