九州整備局、大分建協/大分県中津市の土砂崩落で緊急対応/リエゾンや重機派遣

 大分県中津市で大規模な土砂崩落が発生したことを受け、九州地方整備局や大分県建設業協会(安部正一会長)は11日、被災現場に重機を派遣するなどの緊急対応を行った。
 九州整備局によると、県の要請を受け午前11時までに分解組み立て式バックホウ1台、照明車2台、遠隔操縦式バックホウ1台を現地に派遣。簡易遠隔操縦装置「ロボQS」1台や衛星小型画像伝送装置1台、衛星通信車1台も送った。防災ヘリによる上空調査を行い、リエゾン(災害対策現地情報連絡員)として県に4人、市へ3人の計7人を派遣した。午後には有識者のテック・ドクター3人を現地に派遣し、状況確認を行った。
 大分建協によると、午前5時45分に市から同協会中津支部へ要請があり、午前8時30分までに会員企業のバックホウ3台とオペレーターが被災現場に到着。その後もバックホウ4台を追加派遣し、行方不明者の捜索の支援などを行った。
 国土交通省は県の要請を受け、国土技術政策総合研究所と土木研究所から3人の土砂災害専門家を派遣。土砂崩れの対応策を検討する際の技術的助言を行う。
 11日午前3時50分ごろ、同市耶馬溪町金吉で住宅の裏山が崩れ、民家が土砂にのみ込まれた。現場は市中心部から約25キロの山間部で3月23日以降、地盤が緩む恐れのあるまとまった雨は降っていなかったという。

(日刊建設工業新聞様より引用)