九州産交バス、熊本営業所でバスのトイレを開放【熊本地震】 – ハフィントンポスト


九州産交バス、熊本営業所でバスのトイレを開放【熊本地震】
ハフィントンポスト
熊本地震の被災地では、現在も水道の復旧作業が続いており、避難所などでは仮設トイレを設置して対応している。そんな中、熊本市西区の九州産交バス熊本営業所では、4月22日、高速バスのトイレを一般向けに開放している様子が見られた。どんな意図で行っているのか。

(熊本 - Google News様より引用)