九州豪雨/九州整備局、権限代行の河川緊急対策に着工/台風時期までの完了めざす

 九州地方整備局は19日、九州北部豪雨により被災した福岡県朝倉市の県が管理する筑後川水系赤谷川で河川分野では初となる権限代行による緊急対策工事に着手した=写真。河道に流れ込んだ大量の土砂や流木により流れがせき止められ二次災害の恐れがあるため、これらを撤去し流路を確保する。今後、支川である大山川、乙石川でも順次着工し、本格的な台風時期までの完了を目指す。
 権限代行の対象区間は朝倉市内を流れる3河川の総延長約15・5キロ。上流で発生した多数の山腹崩壊により大量の土砂や流木が河道を埋め、出水時に二次災害が発生する可能性が高く、土砂の流動性も高いことから県の要請を受け権限代行で緊急対策を実施する。
 緊急対策工事では住宅や公共施設などの浸水を防ぐため、必要に応じて大型土のうを設置するなどした上で河道の土砂や流木を除去し、元の河道の位置に流路を確保する。
 同日着工した杷木浄水場付近は赤谷川がせき止められ右岸側の宅地や果樹園などが浸水し、流れが浸水箇所の方に大きく変化。浄水場も被災したため、県が応急対策としてパイプを埋設し上流から浸水箇所に流れてきた水を本来河川があった方に流し、パイプの上に浄水場を復旧するための仮設道路を設けている。
 この日は九州技術事務所から派遣した無人化施工にも対応できる分解組み立て式バックホウと、筑後川河川事務所の災害時協力業者で工事を担当する森部建設(朝倉市)の小型バックホウ2台の計3台の重機を配備。大型バックホウで河川の土砂を撤去し、小型バックホウで浄水施設周辺に浸水を防ぐための大型土のうを設置する作業を行った。今後、上流側へ向かって工事を本格化する。
 筑後川河川事務所の原田隆二河川環境課長は「現地はどこでも川のような状態になっていて、ちょっとした雨でも出水につながりやすい。一日でも早く改善することが必要だ。不安定な天候だが関係機関と協力しながら安全管理をしっかりとしつつ工事を進めたい」などと話した。

(日刊建設工業新聞様より引用)