五洋建設/シンガポールで大型港湾土木工事受注/JVで総額1210億円

 五洋建設は1日、シンガポール西端のチュアス地区に計画されている大規模コンテナターミナル「チュアスターミナル」整備に伴う埋め立て事業の2期工事を受注したと発表した。韓国の現代建設、オランダのボスカリスとのJVで、受注金額は約1210億円。うち五洋建設分は約423億円。今月着工し、2027年3月末の完成を目指す。
 工事名は「チュアスターミナル第二期埋立工事」で、シンガポール海事港湾庁から受注した。岸壁延長は8・6キロ、埋め立てによる土地造成面積は387ヘクタールで、将来のコンテナ船の大型化に備え、岸壁は水深23メートルで計画している。
 現在4カ所あるコンテナターミナルを、2040年までにチュアス地区へ移転させる計画の一環。同社はチュアス地区でシンガポール政府法定機関のJTCコーポレーションから、1984年にチュアス地区最初の埋め立て工事を受注。その後も00年に拡張工事、直近では14年にチュアスフィンガーワン埋め立て工事(施工中)を受注している。

(日刊建設工業新聞様より引用)