五輪競技施設/水泳・ボートは新設、バレーは結論持ち越し/東京都ら4者

 2020年東京五輪の「水泳」「ボート・カヌー(スプリント)」「バレーボール(インドア)」で使用する三つの競技施設の建設計画見直しをめぐり、協議を進めていた東京都、国際オリンピック委員会(IOC)など大会関係者4者は29日、バレーボール以外の会場を現行計画通りの建設地に新設することで合意した。バレーボール会場は計画中の有明アリーナと、既存の横浜アリーナのどちらにするか、都が12月25日までに結論を出し、その判断にIOCらが従う。
 水泳会場は、当初の予定通り「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区辰巳)に決定。コスト縮減のため観客席数は現計画の2万席から1・5万席まで縮小し、五輪後の減築は行わない。
 ボート・カヌー会場の見直しでは、さらなるコスト縮減に努めながら東京湾内に整備中の「海の森水上競技場」の計画を継続することで決定。代替地の候補に挙がっていた宮城県登米市の長沼ボート場は、選手の事前キャンプで活用する。
 バレーボール会場については、周辺の道路環境などに課題がある横浜アリーナ(横浜市港北区)の活用可能性を都がさらに精査し、有明アリーナ(江東区有明)との優劣を小池百合子知事が最終判断する。
 協議には、都、IOC、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、国の4者が参画。大会総費用は2兆円を下回る水準で調整することも確認された。

(日刊建設工業新聞様より引用)