京都郵便局 完成

 日本郵便が、「郵便・物流ネットワーク再編」の一環として、16年7月から京都府城陽市内で進めてきた「新京都郵便処理施設(仮称)新築工事」がこのほど竣工し、2月19日から「京都郵便局」として業務を開始した。京都府と滋賀県の郵便区分業務や、物流ソリューション業務を手がける同施設では、高度化された設備・機器などにより業務の効率化を図るとともに、急増する宅配市場などのニーズに対応。京都エリアの郵便・物流拠点として、高品質なサービスを提供する。設計・監理は日本郵政一級建築士事務所と久米設計、施工は大林組が担当。関係者が一丸となって厳しい条件を克服し、全工期無事故無災害で高品質の建築物を完成させた。

■工事名称/新京都郵便処理施設(仮称)新築工事
■建物名称/京都郵便局
■建築主/日本郵便株式会社
■設計・監理/日本郵政株式会社一級建築士事務所、株式会社久米設計
■施工者/株式会社大林組大阪本店
■建設地/京都府城陽市寺田塚本77-6
■敷地面積/4万0747.68m2
■構造・階数/PCaPC造一部S造5階建て
■建築面積/1万6896.17m2
■延べ面積/5万5095.04m2
■工期/2016年7月22日~2018年1月10日
(様より引用)