人気設備を検索できるサービス開始

リクルート住まいカンパニー(東京都中央区)は21日、自主管理家主などをターゲットとした経営支援サービス『SUUMO賃貸経営サポート』を正式リリースした。
エリアごとの家賃相場や物件の設備状況をまとめたデータを閲覧できるサービスで、利用は無料。

利用者が所有する物件の住所や駅名を入力することで、SUUMOに掲載する周辺物件のデータから賃料や初期費用、専有面積などを自動で算出する。
該当する物件データは1件ずつ閲覧することが可能で、各物件の築年数や間取り、付帯する設備などが表示される仕組みとなっている。

また、地域ごとの設備付帯率も検索できる。
エリアを検索して「設備相場」項目をクリックすると、そのエリアにある物件に付帯されている設備の項目が、利用率の高い順に表示される。

事業開発室の松本龍二氏は「近隣物件の状況を知ることで、空室対策に役立てられる。エリアの人気設備もわかるので、管理会社がオーナーに空室改善の提案をする際にも役立つのでは」とコメントした。

(全国賃貸住宅新聞様より引用)